ビジネス英会話の学び方

画像

日常英会話の延長である

「ビジネス英会話」と聞くと、「日常英会話」とはかけ離れた、とてもレベルの高いイメージをもってしまう方も少なくないでしょう。たしかに、ビジネス用語や専門用語など、仕事の現場でしか使われないような単語が頻繁に出てくることは否めません。しかし、日本語で考えるとどうでしょうか。日本語でも、ビジネスの現場では専門用語が多数出てくることがあります。しかし「日常会話」とかけ離れたものかといえば、そうではありません。結局のところ「ビジネス英会話」とは、「日常英会話」の表現を丁寧にしたり、ビジネス用語を取り入れたものなんです。そのため、まずは土台となる「日常英会話」をきちんと学び、マスターすることが重要です。

自分の目標「だけ」を考えて勉強すべし

日本企業が海外へ市場を広げていくようになればなるほど、英語の需要も増してきています。海外赴任が決まり、英語を学ばざるを得ない状況になった方や、海外クライアントとの取引がある方などが「ビジネス英会話」を学ぶようです。ここで大事なことは、その人ごとに目標が違うということです。目標が違うということは、自ずとスタートすべきラインも異なってきます。

「ビジネス英会話」上達のコツは、自分の目標「だけ」を考えて勉強することです。英会話スクールに通う際に、自分の目的をはっきりと告げ、その目的を達成するためのプランを立ててもらうことが重要です。目標を絞ることで、講師と二人三脚で成長できます。

授業ではこんなことを学びます

「ビジネス英会話」の授業は、「日常英会話」の「英語を話せるようになる」ための授業とは異なり、実際のビジネスの現場をシミュレーションしながら、より適した表現を使い分けていくもの、という場合が多いです。シーンによっても、使うべき英語表現は異なります。たとえば、社内でのミーティングとクライアントとの会食では表現の使い分けが必要ですよね。このように、即戦力としての英語力を学んでいく学習になるため、ある程度の英語力が必要とされます。

また、文化について知ることも「ビジネス英会話」で重要なことです。名刺交換の方法や、挨拶の仕方、時事ニュースについても英語を通して学んでいきます。このように「ビジネス英会話」を学ぶことで、グローバルな感覚を身につけることができますよ。

TOPへ戻る