日常英会話の学び方

画像

大切なのは「失敗を恐れないこと」

日本人は英語が苦手…。もはや一般化してしまった日本人の英語に対する恐怖感。しかし、恐れていては英会話能力を身につけるどころか、英語が遠いものになってしまいますね。

誰しも経験してきた英語の授業、そしてテスト。よく言われることですが、日本の英語学習は「知識学習」になりがちです。しかし英会話で求められることは「会話」、つまりコミュニケーションなのです。正しい文法と発音よりも、相手との意志の疎通が大事です。したがって、英語はコミュニケーションツールの一環であり、失敗したって構わないのです。むしろ、母国語ではないので失敗するのが当たり前。失敗を恐れるのではなく、tryすることが重要です。多くの失敗が、必ず英会話上達につながります。

「伝えたい事柄」を明確にすることでスピーキングは上達する

英語でなにかを相手に伝える学習方法をご存知でしょうか。日本語では当たり前にできていることが、英語になると途端にできなくなるものです。しかし、日本語と同じように、以下のプロセスを踏んでみましょう。

(1)「伝えたい事柄」を明確にする
これが曖昧なままだと次のステップも漠然としてしまいます。簡単なようで最も重要なステップです。
(2)「伝えたい事柄」を伝えるための方法を学習する
知識がないと、伝える方法がわかりませんよね。そのため、「伝えたい事柄」を相手に伝えるための文法や単語といった知識を学習します。
(3)伝える練習をする
相手に伝わりやすい表現を探したり、発音を練習したりといった段階です。
(4)「伝えたい事柄」を相手に伝えましょう。

これを意識的に反復するだけで、上達速度は大きく変わるはずです。

自分に必要な単語を効率的に覚えていこう

日常英会話に必要な単語数についてインターネットで検索すると、無数の情報が出てきます。しかもほとんどが異なることを言っていて、どれを信用していいかわかりません。

こちらでいいたいことは、必要な単語数とは人によって異なるということです。それは職業によっても異なりますし、住んでいる地域によっても違うでしょう。そのため、まずは自分が生活していく上で必要な単語から覚えていくのがオススメです。

たとえば、「カーテン」や「棚」、「テレビ」はどの家庭にもありますが、こういったものから綴りも含めて覚えていくのです。また、自分の行動に対応する単語も併せて覚えていきます。「髪をセットする」とか「電車に乗る」といったことです。

また、日ごろから、英語に変換できないことを調べるクセをつけることも重要です。

TOPへ戻る