TOEIC対策の学び方

画像

スコア別「こんなことができる&企業からの評価」

企業の募集要項に、「TOEIC○○点以上」という文言を見かけることがありますよね。では点数ごとになにができるレベルなのか、そして企業の評価はどうなのか。具体的にまとめてみました。

  • ~300点
    英語初心者の段階です。企業からの評価はゼロに等しく、履歴書などには書かないほうが無難です。
  • 400点~495点
    英語で書かれた看板などを理解できるレベル。TOEIC受験が初めての方が目指すことが多いです。しかし企業からは評価されない段階といえます。
  • 500点~595点
    簡単な質問に短文で答えられるレベルです。大卒新入社員の平均レベルともいわれています。英語力の不足している企業からは加点を受けることもあります。
  • 600点~695点
    相手に質問ができたり、短文のやり取りができたりするレベル。企業からは、最低限の英語力があると見なされることが多いです。
  • 700点~795点
    ビジネスでも支障なく英語が使えるようになるレベルです。企業の国際部門や海外赴任の基準となっているラインです。
  • 800点~895点
    仕事で英語力を発揮できるレベルです。企業の国際部門でも十分に通用する実力です。
  • 900点~990点
    英字新聞が難なく読め、ネイティブとディスカッションができるレベルです。多数の企業からオファーが来てもおかしくありません。

リスニングは3つのポイントで攻略!

TOEIC受験者の中には、リスニングで苦しんでいる方も多いようです。もちろんそれは英語が聞き取れていないからなのですが、聞き取るために文法や単語をいくら勉強してもリスニングの訓練にはなりません。

リスニングを強化するためには、英語の発音そのものを覚える必要があります。そのためにもまず、単語を覚える際に「発音記号」も一緒に覚えるクセをつけましょう。正しい発音を覚えることはそのままリスニング対策につながります。

次に、聞いた英語を書いていく「ディクテーション」を行います。これは、英語独特の発音を踏まえて書き取ることで、「リスニング脳」にしていくというものです。これを模擬問題集で実施していくと、本番に強いリスニング対策ができます。

パート別TOEIC攻略法

こちらでは、パーフェクトを出しやすい、part1とpart2のパート別TOEIC攻略法をご紹介します。TOEICも試験である以上、テクニックが必要なんです。

  • part1
    こちらは写真を見て解答するリスニング問題ですが、とても簡単な方法があります。その方法を使うためには、問題文が流れる前に設問を確認しておきましょう。そしてその方法とは、「写真に関係ない単語が出てきたら消去する」というもの。そのための下準備として、写真に写っている人物の数を確認し、その人物が何をしているかと、物がどの位置にあるかを押さえておくことが重要です。
  • part2
    こちらは会話文のリスニングです。part2は、いろいろなテクニックが使える場所でもあります。まずは大学受験でもおなじみの「Yes/No」の選択肢。こちらは、たとえば5W1Hの質問であったり、「or」と聞かれた質問であるなら「Yes/No」の選択肢を即排除できます。また、単純な選択肢は間違いであることが多いことも知っておきましょう。

TOPへ戻る